条件で絞り込む

条件を設定して検索ボタンを押してください。

建物用途

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

地域

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

色

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

建築士とつくる外断熱の家

神戸市立北神区民センター (株)昭和設計

  • 神戸市立北神区民センター
  • 神戸市立北神区民センター
  • 神戸市立北神区民センター
  • 神戸市立北神区民センター
  • 神戸市立北神区民センター
設計:
(株)昭和設計
住所:
大阪府大阪市北区豊崎4-12-10
TEL:
06-7174-8787
FAX:
06-7174-8788
http://www.showa-sekkei.co.jp/jp/
設計料目安:
 
対応可能エリア:
-

久保 岳

担当者氏名:
久保 岳
肩書:
生年:
1973年生
経歴:

作品概要

  • 建築物用途:公共施設
  • 所在地:兵庫県
  • 構造:RC造
  • 階高:4400/3800
  • 延べ床面積(㎡):約4000
  • 築年月:2011年
  • 外断熱施工年月:2011年

採用工法

工法名:ドライビット
  • 外壁面積(㎡):約1400
  • 断熱材厚さ(㎜):40

こだわった点

北神区民センターは「エコロジーでエコノミー」「ユニバーサルと交流促進」という2つの大きなコンセプトを持って設計に取り組みました。耐久性の高いコンクリートや木材といった材料をそのまま内部の仕上材として用いることで、長期間美しいままで使用できる、メンテナンスコストのかからない建物を目指しました。そして何よりも、共用部全体や大ホール客席と舞台ベース照明にLED器具を採用し、また外断熱工法の実施などによって、省エネルギー・ローコストで快適に運用いただける施設となっています。

私たちについて

「都市・建築・環境」から未来を拓くパートナー
昭和設計は、建築の企画・設計をはじめ、都市開発から、都市インフラである上下水道整備まで、幅広いサービスを提供する総合設計コンサルタント会社として、1957年の設立以来、半世紀を超える歴史を重ねて来ました。
歴史に裏付けられた技術力と創造力を元に、既成概念に捉われない多角的な視点を持ち、お客さまと共に未来を拓くパートナーでありたいと考えます。
時代と共にますます多様化する課題や要望に対し、常にお客さまの立場で考え、的確な解決策や新たな価値創造に向けた最適解を共に考える事で、お客さまのそして社会への貢献を目指します。

外断熱を検討している方へメッセージ

建物の仕様を決める上で重要なのは「適材適所」です。北神区民センターでは、頻繁に利用される事務室・会議室といったカルチャーゾーンと、比較的利用時間が限られる多目的ホールとが複合される施設であったため、それぞれ温熱環境が異なるという特性を持っていました。そこで、空調時間が長く、室内の熱による躯体の蓄熱効果が省エネに大きく寄与するカルチャーゾーンに限定して外断熱を採用しました。目的・条件・効果を明確化することで、必ずそれぞれのプロジェクトにおける「適材適所」が見つけられると考えています。

同一建築士の事例

戻る

 



このページのトップ

工法のご紹介

外断熱とは?

設計サポート

その他の商品