RC用湿式外断熱システム エコサーム ¥9800/㎡

品質

品質・性能
改修にも対応 東邦レオ湿式外断熱工法のこだわり エコサーム 試験データ一覧

品質・性能

明確な性能基準が定められていない日本において、外断熱建築に求められる「適正品質」とは何か。その問いに対する現時点での私たちの答えとして、10年以上に渡る外断熱の経験をもとに、断熱性能はもとより、耐候性能や耐火性能など、湿式外断熱性能指標6項目を設けました。 エコサームのコンセプトである「適正品質」「適正価格」を実現するために、それぞれの項目において、必要最低限ではなく、考え得る高いレベルでの公的試験を実施しています。詳しくは、下記「試験データ一覧」をご参照ください。

改修にも対応

外壁剥落防止機能と外断熱を組み合わせた一体型の外壁改修工法『エクセルピンネット外断熱工法』は、建物の長期的な安全性の確保と、省エネ効果を同時に得ることができます。 繊維ネットと樹脂ポリマーセメントモルタル、エクセルアンカーにより、タイルなどの既存仕上げ層を確実に固定し一体化します。 その上にエコサームボードを直張りしますので、外装材の撤去が不要で、廃棄物の発生も極力抑えることができます。

タイル剥落防止と外断熱化を同時に
エクセルピンネット外断熱工法¥17,600/m<sup>2</sup>(税別)

・記載の価格は、300m2基準の材工共(断熱材厚さ35~70m2)の設計価格です。
※仕上げ込み。下地の不陸調整、仮設足場別途。
エクセルピンネットについてはこちら

東邦レオ湿式外断熱工法のこだわり

断熱性

より高い断熱性能を求める声にお応えするため、省エネルギー基準(平成11年基準)における最も高いレベルに合わせた、断熱材厚さ70mmまでを一律のコストでご提供しています。※Ⅰ地域相当

透湿性

コンクリート躯体からの湿気の透過性を妨げない材料構成(材質、厚さ)としました。

耐久性

外断熱システムの長期に渡る安全性確保のため、表面仕上げ材の劣化については、JIS規格の16倍にあたる5000時間以上の耐候性試験を、断熱材の接着に用いる専用接着材の付着安全性については、JIS規格に準じた接着モルタル耐久性試験を実施しています。

耐火性

エコサームは耐火2時間構造性能試験に合格し、コンクリート外壁の耐火性能(非損傷性・遮熱性・遮炎性)を損なわないことを確認しています。また、開口部周囲は米国仕様に基づいた延焼防止対策として、バックラップ処理を行っています。
[耐火認定番号 FP120BE‐0130 取得年月日 平成25年12月2日]

衝撃性

ヨーロッパの基準を参考に3J(鉄球0.5㎏×0.6m)の衝撃に耐えられる仕様としました。
[JIS A 6909「建築用仕上塗材」落球衝撃試験の場合:鉄球0.5㎏×高さ0.3m]

付着性

専用接着材によるシステムと躯体の接着性能については、想定される風圧力(W=0.00573N/mm2)に対して10倍以上の安全性を確保しました。
[建物高さ:45m、地表面粗度区分:Ⅰ地区、基準風速:46m/s ※沖縄県の海岸沿いの環境条件]

エコサーム 試験データ一覧

システムの性能

システムの性能

耐候性試験(5,000時間)

建物の長寿命化を求められる外断熱であるからこそ、フィニッシュコートの紫外線に対する耐候性能には高いレベルを求めました。そのためJIS規格で定められた耐候性試験(A6909「建築用仕上塗材」耐候性A法)300時間ではなく、そのおよそ16倍に当たる5,000時間以上という、樹脂系仕上げ材の中では最高レベルの試験を実施し、外観の健全性を確認しています。 

凍結融解試験

凍害が懸念される寒冷地での使用を想定し、JIS規格(A1435)「建築用外壁材料の耐凍害性試験方法」に準ずる気中凍結水中融解試験200サイクルを実施しています。

塩水噴霧試験

塩害によるフィニッシュコート(仕上げ材)への膨れや変色などの影響が心配される海岸エリアでの使用を想定し、JIS規格(JIS K5600-7-1)に準ずる耐中性塩水噴霧性試験(300時間)を実施しています。

透湿性試験

室内からの水蒸気を外部にスムーズに排出させるための透湿性能について、JIS A 1324を参考とした社内試験を行い、モルタル仕上げの2倍程度の水蒸気透過性能を確認しています。

接着モルタル品質確認試験

断熱材の躯体からの浮きや剥落に対する安全性を確保するため、JIS規格(A6916)「建築用下地調整塗材(タイル張付け用モルタルの試験方法)」に準じ、接着用モルタルの品質確認試験を実施しています。

接着材(アクリル樹脂系モルタル接着材)の性能

接着材(アクリル樹脂系モルタル接着材)の性能

EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)の性能

EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)の性能

仕上げ材(テラコートSIL グラニュール)

仕上げ材(テラコートSIL グラニュール)

JIS試験(建築用仕上塗材)

JIS A6909(「建築用仕上塗材」外装薄塗材E)に準ずる試験を実施することで、耐衝撃性、付着性、透水性、耐アルカリ性などの、仕上げ塗材に求められる性能を充分に満たしていることを確認しています。

かび抵抗性試験

建築用仕上材のJIS規格(A6909)ではかびについての試験項目はありません。しかし、カビの発生は外壁仕上げ材にとって美観性、耐久性への影響が心配されるため、工業製品又は工業材料を対象とする試験方法JIS規格( Z2911)によってかびの発生がないことを確認しています。 ※かびを抑制する効果は、建物の立地条件や周囲の環境、施工面により異なります。

このページのトップ

工法のご紹介

外断熱とは?

設計サポート

その他の商品